カーナビを使って快適ドライブ


走行中のカーナビ操作。

現在の車に使用するカーナビはとても便利に進化を遂げたと思います。
今となっては、ほとんどの車に付いていますし、逆にあることによって知らない土地でも安全に運転でき、目的地に簡単地に到着することもできる本当に便利なものです。
地図だけでは無く、曲を保存するHDDのものもあり、CDなどを入れなくても、保存さえしてしまえば自分の聴きたい曲がいつでも簡単に聞けることができます。
そんな便利なものに進化を遂げたのですが、便利ゆえに機能がありすぎることから、走行中によそ見をして触る人もたくさん出てきました。
そうすることにより、よそ見という不注意から事故に繋がるケースも多発しています。
性能がよくなり、精密に地図を入れたりできることから、意識をそちらに集中させ作業してしまい事故を起こしてしまう。
このようなケースが本当に多くなりました。
やはり触るのであればきちんと止まった状態で、触らねければ危ないですし、よそ見をしていて子供などが飛び出した際に反応が遅れ事故にあったりと、よそ見をすることによっての危険は沢山あります。
便利だからと言って、よそ見をしていいとはなりませんので、意識を高めて操作して頂きたいです。

走行中でも使いやすいカーナビのタイプは?

最近のカーナビには、様々な機能が付加されています。
走行中には画面を見られないドライバーのために、ほとんどすべての指示を声でしてくれるタイプのものが人気です。
その声も、標準語はもちろん関西弁や博多弁など、地域の特色を全面に打ち出した工夫が見受けられます。
声で指示が飛んでくると、目を離さなくてもいいため、前方不注意になることもありません。
事故に遭う確率を大幅に減らしながら、目的地までスムーズに行くことができるでしょう。
カーナビにはGPSシステムが搭載されています。
その精度も近年は目覚ましい発達を遂げているのをご存知でしょうか。
数メートルの誤差も発生しないので、昔の製品のように自分が別の道に表示されるケースも減ってきました。
技術レベルが上がることで、現役プロのドライバーでも頼れる存在になっているわけです。
ドライバーは大変な仕事ですから、こうした製品をフル活用して少しでも負担を減らしたいものです。

注目サイト

Last update:2017/6/16

Copyright (C)2015 Navigation EX. All Right Reserved.